自己紹介

福島謙二
昭和29年1月16日山羊座のA型
JR5JWQ、普通、自二、大型
プリウスに乗り換え
柔道初段ゴルフは100切るのが何回あったか
Delphiで開発を楽しむ
長崎県島原生まれの妻と一男二女
顔写真11KB

個人的ソフト開発事情

delphi言語でwindows用のソフトを開発中。オーダーメードが中心です。あくまでも専業ではないので開発費用はべらぼうに安い。しかしソフトは手を抜かないのはあたりまえ。合間にホームページを作ったのですが正味2週間程かかりました。まだまだ不十分なのでこれからもどんどん追加していくつもりです。御批判も快く承りますので何なりとメール下さい。

私のコンピューター履歴とかすかな足取り

昭和48年(1973)
大学1年必修課目のフォートラン言語を落とす。他の教科が簡単にとれたのはカンニングと実力なのか。なんとかなるだろうと学生生活を楽しむ。日本本土復帰直後の沖縄へ一人旅。友達の友達のアパートに転がり込み約一週間、離島にいくつもりであったのが台風の直撃を受け断念(本場の台風はメチャごつかった)、あまったお金で初めて飛行機(B727)で大坂へ帰る。しかし財布には小銭しかなく親戚で借金して無事徳島に帰る。

大学2年フォートランに再度チャレンジ。といっても半分逃げ腰ではわかるはずがない。案の定また落とす。コンピューターは難しいと努力もしないで一人つぶやく。できるなら避けたかった。この頃彼女と知り合う。その彼女最近でっぷりと貫禄がついてきた。そうなんです女房なんです。

大学3年フォートランに再々チャレンジ。他の教科が一発で取れたのだからまだまだ、だいじょうぶと思ったら又もや落とす。それでも緊迫感はまったくなかった。徹夜で白黒写真の現像にはげむほうがよほど面白かった。

大学4年フォートランに再々再チャレンジ。もうあとがない。親の顔が浮かぶ。ここで頑張らねば男がすたるとちょっと真剣味がでてきた。真面目に勉強を始めて半年。分かりかけたらなんと、面白くなったではないですか。一人こつこつと積み上げていく所が性分に合ったのでしょう。もうこうなったら欲がでるものです。問題を出されても、いかに短い行数で書くことができるかとか、もっとほかに違う方法はないのかなどと、色々考えて答えを出したものです。アイデアを考えることがこんなに楽しいなんて、本当に楽しい日々でありました。もっと早く気が付けばよかったと悔しい思いです。学生生活も充実してきた勢いで北海道へまたまた一人旅に。夜行列車を宿代わりに一週間で北海道一周を達成。幸福駅(?)前だったか無料で泊めてくれる食堂があると情報が入りさっそく飛んでいき久しぶりに布団で寝る。しかし調子に乗って風呂に入るときっちり百円取られたのは愛敬だった。あのおばちゃん元気にしてるんだろうか。

なんだかんだで無事卒業することができたようです。もし1年でフォートランを取っていたらコンピューターの楽しみも分からず今の自分もなかったのではと考えるとゾットします。学生生活で得たものは女房とコンピューターの楽しみ、わが人生にとってこんな大きなものを得た4年間の福岡での生活はすばらしいものでした。

卒業と就職、結婚などあわただしく5年がたちました。そのあいだに組み立て式のマイコンなどが発売されましたがコンピューターには縁がありませんでした。そのうちにパーソナルコンピューターもぼつぼつ売り出されて、忘れかけていた何かが目を覚ましたのでしょう。ついに購入を決意。

昭和58年(1983) シャープMZ5500購入。フロッピーの容量が少なく(320MB??だったか忘れた)、OS(CP/M)の立ち上げからソフトの起動までとにかくフロッピーの差し替えがいそがしかった。付属のBASICでプログラミングを楽しむ。個人で所有する喜びに浸りきる。

昭和59年(1984)NEC M2購入。フロッピー容量が1.25MBを採用したので即MZ5500を下取りにして購入。ずいぶんと楽になる。あいかわらづBASICで簡単なゲームとか会社の金種計算などを作っていました。思うように動作した時は快感にも似た喜びを感じたものでした。しばらくしてからdBASEを採用。まったく違うプログラムに最初は戸惑いを感じながらもデーターベースを物にするためにはと、頑張った結果アルバイトができるぐらいまでになりました。

平成になってからノートタイプに惚れ込み、NS/E、NS/R、NS/A、Ne、Nb7、La10、よくもまあこんなに買ったものです。NECから感謝状はきてませんが愛用しています。お客様にもノートとOKIの水平プリンターの組み合わせを推薦。停電にも安心なのと複写紙が使えることで喜んでもらっています。ところが平成8年暮れから始めたDELPHIのインストゥールシールドのDBEのフルインストゥールがなぜかうまく動かないのです。今まではdBASEタイプのみ選択して無事に稼動していたので気がつかなかったのですがフルで必要な納品先ができてはじめて気が付いたものです。しかたなく平成10年3月(1998)急遽メビウスMN350を購入初めてのDOS/V機にてこづりながら、その後MN550−X20、MN455−H26、とSHARP製に惚れ込み平成12年にはMJ140Rを購入。内蔵のCDRに過去の全てを焼きつけて保存。おかげでフロッピーが邪魔になってきました。棚にはほこりを被った5インチフロッピーの山に3.5インチフロッピーが加わりまるで姥捨山状態になっていますが愛着がありどうしても捨てるに捨てられない過去の宝になってしまいました。これも時代の流れですぐにDVDにかわるのでしょうね。バックアップ用に使ってたPDも見切りをつけMOに変更しました。最近MOを利用したデーター交換が多くなったので仕方ないことです。時代に乗り遅れないよう周辺機器を揃えるのも大変でいつまでたっても貯まりませんね。おかげで子供達は喜んでいますがお下がりに不満をいいながらでもすべて現役活躍中です。

最後まで読んでいただきありがとうございました。ご意見ご批判がありましたらどんな些細な事でも結構ですメールを下さい。



表紙 工場見学 スリッパの歴史 製品紹介 会社紹介 脇町案内 自己紹介 メール アンケート

ロゴ 双葉工業有限会社