工場見学 案内人1 (4k) スリッパができる様子をご案内します。ゆっくり見てくださいネ

スリッパを大きくわけると次の2種類になります。よく覚えておいてね!


外縫 3KB
外縫(そとぬい)タイプ

特徴 縁取りにテープを巻いて
あるデザイン性が高い

吊込 4KB
吊込(つりこみ)タイプ

特徴 甲が中敷きを包み込ん
でいる実用性と落ち着き

案内人2 (4k) 見学の御注意です  
 これより写真をクリックしますとGIFアニメーションが見られます。
 読み込みに多少時間がかかりますがぜひご覧下さい。
  一部WMVファイルを作成いたしました。このアイコンです。Media Player7で再生可能。
 かなり大きいものになりますが音声入りのムービーは迫力満点です。根性で読み込んで下さい。
 今後随時増やす予定ですのでご期待下さい

柵

生地、ボール紙などの材料調達
↓
デザインに応じて外注加工に委託する
  * 裏張りにウレタン等をラミネート
  * 刺繍
  * シルクプリント
  * テープカット
↓
裁断 裁断(すべてに共通な作業)  案内人3 (4k)
ハガネの抜き型を使い生地等を打ち抜く作業です。
普通のスリッパでは約10種類の部品が必要です。それぞれに合わせた抜き型を使い、基本的には同じような裁断方法で部品を作ります。柔らかい生地などは腰を強くするためにウレタンなどを裏貼りしたのを使うことがおおいものです。
打ち抜いた瞬間「ドガチャーン」と大きな音がするんですよ。
↓
下底くるみ
180kb

下底くるみ
(ほぼ共通な作業)
コメルツと呼ばれる「くるみ機」でレザーを折り返して底を作ります。
5mm厚EVA材の芯にレザーを貼りつけ周辺のレザーを高熱で溶かした特殊なノリをノズルの先から間に塗りつけながら素早く押さえつけます。顔の前付近に高熱のタンクがあるので夏場は暑くてたまりません。
これもガチャガチャと大きな音と振動で大変な工程です。

外縫いタイプ
↓
吊り込みタイプ
↓
地縫い
地縫い(じぬい)案内人4 (4k)
中底にハネを縫いつけます。
ここで外縫いスリッパのかたちができあがります。耳をそろえて縫い付けるのは熟練を必要とします。中心を合わせて縫い付けなければ、ねじれたものができてしまうので重要な所です。
上下ミシンと呼ばれる厚物縫いができる工業用でないとできません
吊り込み
吊込(つりこみ)案内人5 (4k)
手前に立てている足型のボール紙が「オバケ」。仕上げたら見えなくなるのでそう呼ばれいる。両手でかぶせているのが甲になる「ハネ」。
足型に作った「吊込機」(つりこみき)にオバケを立て、ハネを巻き付けるように沿わせて下の枠に倒しはめ込む。ハネの一部がはみ出してくるのでそれを上の枠を手前に引きオバケに接着成形するのです
ここでスリッパのかたちが出来上がります。この吊込機を使うところからつりこみタイプといいます。
熱が高いので夏場は汗だくになります。

↓ ↓
テープ付け テープ縫い 手巻きタイプ
縁取りのテープを片折り付けして、のりをつけて折り返して接着します。
外縫いでこの手巻タイプは大変手間がかかります。最初にテープをミシン掛けするのですが耳をそろえて縫わなければならないし、シワがはいらないように均等に縫い代をあけて縫い付けるのは至難の業であります。しかし出来上がりは手間のかかった分高級品になります。
八方ミシン」
八方(はっぽう)

底の部分の下底と吊込で作った頭を縫い付ける作業です。
細く伸びた受け台にかぶせるようにスリッパを入れて縫います。受け台が内側に入るためスリッパは左右にしか動かせません。方向を変えるのは上から降りている「押さえ」を回転させて適度な縫い代を残しながら縫っていくのです。
 ゴツイ感じがしておまけに大きな音で「ガチャガチャ」とうるさいので皆に嫌われています。そのうえ定規もありませんので奇麗に縫えるまでは相当な時間がかかる厄介なミシンです。
しかしなくてはならない大切なものです。

↓ ↓
底付け 底付け
テープの付いた頭に下底を付けます。ミシン掛け作業はこれでおわりです。
アニメではヒールを挟み込み縫い付けています。この作業では約3cmの厚さを縫わなければならないので特殊な大型のミシンが必要です。針でも楊枝より一回り大きいものが使われており、たまに折れるのですがそれはもう大変大きな音でびっくりします。
仕上げ
仕上げ

八方縫いで作った左側の頭と、右側の中底(なかぞこ)を貼りあわせる最後の工程です。
中底は、ボール紙にヒールを貼り生地で巻き込みながら接着します。おもに内職で作ります。
仮止めしたスリッパを高圧の圧着機(あっちゃくき)に挿入してしっかりと接着できたら完成です。
検査を済ませてから一箱に30足詰め込みいよいよ出荷になります。

↓

案内人6 (4k)運送便で問屋さんに出荷

普通では1箱に30足入れて出荷します
九州から関東までのお得意先へ翌日か
遅くても2日目には到着します



表紙 工場見学 スリッパの歴史 製品紹介 会社紹介 脇町案内 自己紹介 メール アンケート

ロゴ双葉工業有限会社
'>