<プリウス バッテリー上がり>の話し

  
え〜! うそ〜〜! なんで〜〜〜;;!

そうなんです。。。 バッテリーがあがってしまったのです。
深夜の帰宅直前での出来事。

その日奥歯を抜歯。痛みはほとんどなかったが注意散漫になっていたようだ。
車に近寄るとなぜかドアが半開き。
「あれ〜?」と思ったが深く考えなかった。
ところがドアを開けるとその辺一帯がビショビショに濡れているではないか。
そういえば夕方猛烈な雨がふった事を思い出した。
窓開閉スイッチも水浸し。小物入れには水がたまっていた。
急いで拭き取りシートにはタオルを敷いて乗り込んだ。

ブレーキを踏みパワーボタンを押した。
 。。。???  全く何も反応がない!
何だこれは? もう一度キーを差し替えさらにスタート!
それでもプリウスは無言のまま。
そいえばルームランプも点いてない!
もしや雨で電気系統がとんでしまったのか?
おりる時は間違いなく正常な終わり方だった〜〜〜と思うのだが。
だんだん不安になってきた。
もしメインバッテリーだったらどうしよう!
車の修理代? 車の買い替え? 家に帰れない!
冷や汗がどっと噴き出してきた。
女房のまえでは冷静を装うのが精一杯。
最初に考えたのは救助用の車。
しかし従業員はみんな帰って救援用の車はない。
息子に電話しても深夜ででない!!!
お得意の車屋さんも深夜で呼びにくい。
最後はJAFだが会員でないので経費をかけたくない。
やはり深夜は手の打ちようがないのか。
さてどうする?

普通のセルモーターを回すなら大電流が必要だが補助バッテリーはコンピュターの立ち上げと少々の照明ぐらいだったと思う。
それなら身近なところに利用できるものがあるだろうと考えた。
ネットで乾電池起動はできなかった事を思い出した。
乾電池ではだめなのか!
他に何かないか!!!
ありました!
電動ドリル用の差し替え用の電池です!!
古いのがたくさんあった事を思い出した。
深夜に一人喜んだのもつかの間。
6Vとか9Vばかり。
これではだめだ。
ところが最後にでてきた電池が何と12V。
やった〜!
さっそく充電!!
ドリル用なので電圧もさることながら起動電流も十分だろう。

問題は接続方法。
電池の電極部分は接続が難しいので充電器を分解して差し込み部分を利用しよと思った。
しかしもったいないので、むき線を押さえつけることにした。
試しに紐でしばりつけてみると結構固定できたのでこれで使えると確信。
たまたま2スケぐらいのコードにスイッチがついた一式があったのでそれを接続。
いよいよ本番。

フューズボックスの赤いカバーを引き上げるとそれ用の端子がある。
そこにプラスを接続。
ボデーにマイナスを接続。
期待をこめスイッチを入れた。

全く反応がない!
やっぱりだめか。。。
がっくり!!
どっと疲れと眠気が襲ってきた。

ここでちょっと一休み。
ひょっとしたらスイッチと線が容量不足?
接続コードはやはりブースターケーブルをつかわないとだめなのか?
電池から接続用の端子を引出しケーブルをつなげればいけるかな?

再度挑戦。
2スケのむき線を念の為2本より合わせ接続。
ちょうどよいクリップがあったので挟み込んでみた。
すこぶる快調。取り外し、取り付けが楽になった!
電池からの取り出し線にブースターケーブルを接続。
バッテリーにプラスを接続。
いよいよ運命の時。
ボデーにマイナスを接続。なんと接触した瞬間少し火花が散ったのです。
ひょっとしたらとあわてて運転席に!
お〜〜〜〜〜!
表示灯がついているではないか!!
震える手でスタート!
READY  −−−−− 点燈!!
やった〜!
プリウスが息を吹き返した〜〜〜!!
思わずバンザイ、バンザイ、バンザイ!!!


これでやっと家に帰れます。
気がついたら夜が明けていました。
疲れた〜〜〜!
結果を出したので多少は尊敬してくれたかな〜。
女房の顔を覗くと手をたたきながら満面の笑顔でした。 ほっ。
お粗末でした。







TOP