脇町案内(わきまち)

「うだつがあがる・・・」の語源知っていますか。その「うだつ」がある脇町を紹介します。
うだつの写真 11KB 矢印の小さな壁のような小屋根が「卯建(うだつ)」です。もともと防火のために設けられたものですが、富の象徴としての意味合いが強くなっています。この建築費はたいへん高額な為、なまけていては上がらない、頑張って成功すれば上げられる。その成功のたとえに「うだつが上がる」と言われるようになったようであります。

徳島県の中西部に位置する脇町は、藩政時代の後期から明治初期にかけて藍取引を中心に産業経済都市として発展した城下町です。現在町並みには、宝永8年(1711)から江戸中期頃の古い建物も含まれおり、その通りが「うだつの町並」として保存されております。その中には第12世将棋名人9段終身名人小野五平翁の生家もあります。
 観光に不似合いな電柱の撤去、老朽した家の補修など、景観をよくするための工事もだいぶ進んだところ、1988年には国の重要伝統的建造物群保存地区に選定され、96年には松竹映画『虹をつかむ男』のロケ地にも選ばれるなど一躍有名な観光地としてまさしく「うだつ」を上げた町となりつつあるようです。

「うだつの町」地図 (脇町は徳島市から西に約40Km)

脇町地図

あんみつ館 > 洋ランでは国内一の(株)河野メリクロンの展示場。ランがいっぱい。
デ・レーケ砂防ダム > オランダ技師デ・レーケ設計の砂防ダム。
役場(ホームページ)> 行政の砦。三味線餅つきで軽快に仕事に精をだす?
SBH(ホームページ) > 四国インターネットプロバイダー。美人SEが大活躍。
最明寺(ホームページ) > (さいみょうじ)萩で有名なお寺。住職はコンピュターにも「さとり」をひらいた。
レストランモダンタイムス(ホームページ) > こだわりマスターの味は天下一。車と単車が恋人。
プルミエ > モダンタイムス2号店 ( quench cafe )
向井時計店(ホームページ) > ロータス123のマクロに精通。腕はたしか。奥様は習字の美人先生。
オデオン座 > 「虹をつかむ男」の舞台になったひなびた劇場。
アーキテクチャーオフィス >腕利きの建設コンサルタント。設計には定評がある。
ホウエツ病院(ホームページ) > あらゆる検査機器を導入。ホテル並みの総合病院。
潜水橋(写真) > (せんすいきょう)洪水では水に沈み、水位が下がると現れる不思議な橋。


表紙 工場見学 スリッパの歴史 製品紹介 会社紹介 脇町案内 自己紹介 メール アンケート

ロゴ 双葉工業有限会社